埼玉県西部・南部の学習塾ならトーゼミへ

TEL:049-233-2331 子どもたちに「夢」と「笑顔」を提供する塾です。

埼玉県西部・南部の学習塾ならトーゼミへ

子どもたちに「夢」と「笑顔」を提供する塾です。 トーゼミ公式Twitter トーゼミ公式Youtube TEL:049-233-2331 校舎を探す お問い合わせ 資料請求

お知らせ

2022.1.14
トーゼミの指導方針・受験情報など(塾長のつぶやきコーナー!)

みなさん、こんにちは。トーゼミ塾長の古池です。

このページではトーゼミの指導方針や各種対応についてご報告しています。
ぜひご覧ください。

●●トーゼミの目指すもの●●

小学・中学・高校という人生の基礎を身に付ける大切な時期に
学び方を身に付けさせ、努力の大切さを教え、
夢を叶えるための土台作りをします。

そして、トーゼミ(グループ)でよかった! と全員に
言っていただけるような塾を目指します。

→もちろん学校のテストで目標点を取ることや、志望校に
 合格することは非常に大切で、それはもちろん塾ですから
 達成しなければならないことです。
 しかし長い人生、高校受験や大学受験はあくまでも通過点
 でしかありません。
 社会人になった時に、トーゼミグループで勉強していたから
 今の自分があるんだ、と思っていただけるように、常に
 先を見据えて毎日子どもたち、保護者の皆様と向き合っています。

ぜひ私たちにお任せください!!

●●●記事内容●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
・2023年度入試の埼玉県公立高校の募集人数が発表されました!(2022.6.21)
・今年の漢字(2021.12.8)
・2023年度入試の入試日程が発表されました!(2021.11.1)
・来年度の埼玉県公立入試日程・今年度入試の平均点が発表されました(2021.4.25)
・入試問題のトレンド(2020.12.9)
・何のために勉強するの?(2020.9.28)
・塾に通うメリットとは?(2020.8.10)     
・私の塾講師としての原点(2020.7.16)
トーゼミのツイッターはこちら
トーゼミの紹介動画はこちら

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

・埼玉県公立高校の募集人数が発表されました!(2022.6.21)

今年も早いもので半年が終わり、いよいよ入試関係の情報が出てきています。
入試は情報戦です。早く正確な情報をつかみ、第一希望の高校に合格できるようにがんばりましょう!


詳しくはこちらをご覧ください!

トーゼミグループでは7月10日にウエスタ川越にて40校ほどの公立、私立高校をお呼びして、入試講演会を行います。
最新の情報をしっかりつかみ、目標を定めましょう!

いよいよ勝負の夏。がんばりましょう!

 

・今年も、“今年の漢字”を募集しました!
 (2021.12.8)

早いもので今年もあと数日となりました。
今年はどんな年でしたか?
毎年恒例の今年の漢字を募集したところ、いいものがたくさん
集まりましたので少し紹介したいと思います!


小学生、中学生も世の中をよく見ていますね!

漢検協会の発表も楽しみですね!

詳しくはこちら!

 

・2023年度入試の入試日程が
 発表されました!(2021.11.1)

10月28日に県公立の入試日程が発表されました!
みなさん!受験はまだまだ先…ではなさそうですよ!
しっかり準備しましょうね!!

詳しくはこちら!

・来年度入試の日程・今年度入試の平均点が発表されました(2021.4.25)

・来年度入試は発表されていた日程が変更になりました。詳しくはこちら
・今年度入試の平均点が発表されました。詳しくはこちら
 国語が上がりすぎましたね… ということは…
 詳しくは入試分析報告会でお伝えします! 

・入試問題のトレンド(2020.12.8)

突然ですが、トーゼミの石田(全国模擬授業大会で英語・数学ともに優勝経験あり)
が東進中学ネットの講師として全国の希望者から選抜されました。
今月より配信が開始されます。ご期待ください!

昨日その石田と話をしていたのですが、数学の全国的なトレンドとして、昔と違って
面倒な問題が増えていることが挙げられます。
つまり、公式や基本パターンだけ覚えていれば対応できる問題は少なくなり、しっかりと
考えて、手を動かして正解にたどり着かなければならない問題が増えているということです。

指導要領も改訂され、思考力・応用力が大切になってきています。

みなさん、大変ですがしっかりと考えて、得点を取るための力を養いましょう!

トーゼミは全力で応援します!!

・なんのために勉強するのか?(2020.9.28)

毎週日曜日にあの有名なドラマを見ていました。
残念ながら終わってしまいましたが、ドラマを見ていて思い出したことが
ありましたので文章にしてみました。

保護者の皆様はお子様に、“なんで勉強しなければいけないの!”と言われた
ときに何と答えていますか?

これは誰もが悩む質問だと思います...

昔の私の答えは、“自分の歩く道を広げるため”でした。

自分の人生は自分で切り開かなければなりません。そのためには選択肢は
多い方がいいに決まっています。だからいろいろな可能性を広げるために
自分が歩く道の幅を広げておくために勉強するんだよ、 と答えていました。

これはこれで間違ってはいませんし、今でもこの部分はもちろんあると
思っています。

ただ、40歳を過ぎたぐらいからいろいろな影響を受け、少し考え方が変わっ
てきて、

今では、“他の人の力になるため” と答えています。

他の人が困っている問題を助けてあげたい、と思ったとき、自分に力がなけ
れば人を助けることなんてできません。

社会人になって働くときも、他の人の困ったことを解決するために働くこと
がほとんどだと思います。

そんなことを子どもたちに伝えていきたいと思いました。

・塾に通うメリットとは?(2020.8.10)

以前チラシに載せた、私の考える塾に通うメリットをお話しします。

塾に通うメリット①情報が正確で早いこと

高校受験の情報など、ご自身で集められる情報には限界がありませんか?

トーゼミなら年2回の30校以上の高校が集まるイベントで一気に情報が
集められる他、各校舎にも高校の先生にお越しいただき、最新情報を直接お話
していただく機会を設けています。

 メリット②一緒に頑張る友達、頼れる講師たちがいること

一番いい例として、中3の夏期合宿があります。夏期合宿では朝8時から夜12
まで4日間勉強します。
こんなスケジュールを一人でこなすのは簡単ではありません。一緒に切磋琢磨
する友達たちがいるからこそ頑張れるのです! 

メリット③目標にあったレベルの学習ができること

3で2乗に比例する関数という単元を学習します。
教科書では下図のようなレベルの問題を扱います
01

ところが、埼玉県の2年前の入試(学校選択問題)ではこのようなレベルが出題されました。
02

 

曲線上にx座標が-24である2ABをとり,この2点を通る直線をひきます。
直線 がy軸と点C (02) で交わり、△OABと△BDEの面積の比が41のとき,
BDEを,辺BEを軸として1回転させてできる立体の体積を,途中の説明も書いて求めなさい。

 

ぱっと見でレベルが全く違うことをわかっていただけると思います。
教科書レベルができているだけでは入試問題には手が出せないものが多くあります。

その生徒が目標とする高校に合わせてレベル設定をし、そこに向かって頑張る生徒を育てる。

トーゼミはそんな塾です。

 

・私の塾講師としての原点(2020.07.16)

今回は私がトーゼミの講師としての原点についてお話ししたいと思います。
(以前トーゼミ通信に載せたものです)
長文ですがぜひお読みください!

 

今回は私たちがどんなスタンスで通常望んでいるかを知っていただくために、
私のトーゼミ講師としての原点をお話をしたいと思います。

 

 20年以上(30年?)も昔の話ですが、バイクで交通事故を起こしまして
半年近く入院生活を送りました。
半年も入院していると足の筋肉がかなり落ちてしまって、歩くのもやっとの
状態でした。

退院後、リハビリもかねて頭を使う仕事をしようと思って連絡したのが
トーゼミでした。

中学生の夏期講習と冬期講習でトーゼミの授業を受講していましたので、
ちょっと知っているということでトーゼミを選んだわけです

衝撃的な出来事が起きたのは、トーゼミ笠幡校で授業をしていた時です。 

当時教えていた生徒で小林久美子さん(仮名)という生徒がいました。 

おっちょこちょいな性格でケアレスミスが減らなかったのですが何とか
偏差値も川越女子高校にぎりぎり合格できるかどうかというところまで上
がってきました。

たまたま中学校の担任の先生が知り合いで、合格の可能性について話を聞
いたところ、そちらの判断もぎりぎり合格するのではないか、とのことで
したので、こちらもがんばらせて何とか合格を勝ち取ろうということで、
がんばらせました。

がんばってがんばって勉強していましたが 

結果は残念ながら不合格でした

 

合格発表の当日、ご家庭に電話をしました。

この時のことは一生忘れることがないと思います。

 

私 “この度は私の力不足で不合格になってしまい、大変申し訳ございませ
んでした

小林さんのお母様

“残念でした…  でも先生が一生懸命教えていただいたおかげで川越女子を
受験できるまでになりました。 先生に会えて幸せでした ”

 

最終的に不合格だったのにこんな言葉を言っていただけるなんて…

電話口で言葉が出ないぐらいに泣いてしまいました。

 

自分が情けなくて、申し訳なくて…

 

そして強く思いました。

 

このような思いを二度としないようにがんばろう!と。

 

こうして今の自分があります。

毎年受験シーズンになると思い出す、私の塾講師の原点のお話でした。

 

これは私の思い出ですが、トーゼミの講師たちは同じような気持ちをもった
講師の集団です。

 

私たちも精一杯頑張ります、の精一杯の気持ちがわかっていただけるのでは
ないでしょうか?

 

これからも精一杯頑張ります。

よろしくお願いいたします

 

●ご感想やご意見は直接こちらまでお願いいたします

●おまけ
先日行ったお家で勉強応援キャンペーンの際の私の動画です

・2019年に行った小学生対象の漢字イベントの紹介動画です

お問い合わせ
049-277-5753